2008年11月27日

イノセント・ラブ 第七話 あらすじ ネタばらし

聖花(内田有紀)が意識を取り戻した。殉也(北川悠仁)は、昴(成宮寛貴)、義道神父(内藤剛志)や美月(香椎由宇)に、奇跡が起きたと喜びの報告をする。

佳音(堀北真希)は聖花の世話に夢中になっている殉也を見て、何も言わず自分のアパートへ戻る。アパートへ着くと、佳音の持ち物全てが部屋の外に出されていた。大家の広田(兎本有紀)が、部屋を別の人に貸してしまったのだという。

佳音は、公園のベンチに座っていると、聖花を乗せた車イスを押しながら殉也がやってくる。聖花が目覚めたのは佳音のおかげだ、といって佳音を説得して連れて帰る。

別の日、パブレストランのアルバイトに出かけた佳音は、偶然昴に出会い、一緒に店内へ。店内には殉也と聖花がいた。聖花は昴の姿を見た途端に喜びの表情を見せ、抱き付く。その様子を見ていた殉也は、ショックを受ける。。。
posted by イノセントラブ at 20:46| Comment(0) | あらずじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。